入社式・内定式の会場をホテルや宴会場などの会場別で解説

入社式・内定式は、時間と労力をかけて採用した社員を迎える、大切な儀式です。だからこそ、会場はこだわって選びたいと思われるのは当然です。定番としては、さまざまな人が集いやすい東京駅周辺や、ホテルの広い宴会場がよく使われています。

しかし、今は選択肢も多い時代なので、入社式・内定式に使える会場の種類も増えています。

今回の記事では、入社式・内定式でよく使われるホテルや宴会場などの特徴を会場ごとにわかりやすく解説します。ぜひ次回の会場選びにお役立てください。

入社式・内定式で一般的に使われる場所とは?

入社式での記念写真

出典:PIXTA

まずは世間一般で入社式・内定式がどのような場所や条件で開催されているのか、押さえておきましょう。大切なポイントは①入社式・内定式への参加人数の把握と②食事をつけるかつけないか、の2点です。

【大前提】収容人数が参加者数に合っている

入社式・内定式の場所を探す際、大前提として何名が収容できる会場を確保する必要があるのか、という点を確認しておきましょう。

一般的に入社式・内定式の参加者の構成は、

  1. 新入社員全員
  2. 会社役員
  3. 先輩社員
  4. 人事担当者
  5. 来賓

というグループから成り立っています。規模が大きい場合は、これに加えて「司会者」や「音響・照明スタッフ」なども加わります。

①の新入社員の数は会社規模により1名~約500名までと非常に幅があります。②の会社役員の数は1名~10名程度となるでしょう。③の先輩社員は入社式・内定式では10~20名以下程度を想定すれば問題ないと思います。

④の人事担当者は会社規模により違いがありますが、1名~最高で20名程度となるでしょう。⑤の来賓は10名前後と考えると、全体で大きな人数を割くのは新入社員の数です。
例えば、新入社員の数が10名なら役員~来賓を入れて新入社員・内定者の数が20名前後いるのであれば、選ぶ会場は100名規模で選ぶと余裕があります。

<3,000人規模>大企業の場合

幕張メッセ 上空からの撮影

出典:PIXTA

大企業の定義は法律ではっきりと決められてはいませんが、中小企業法を参考にすると、従業員数が300名を超え資本金が3億円よりも大きな企業は大企業です。私たちが知る有名な大企業では、毎年500~1000人ほどの新入社員を迎えています。(例、ソニー、NEC,パナソニック)それ以外の大企業は毎年100~300名ほどの新入社員を採用しています。ということは、その他の役員や人事担当者・来賓等と含めると1,000名~3,000名規模の会場が必要です。

その人数を収容できる会場は、必然的にイベント会場・ホールのような最大級の規模を誇る会場となります。

(例)

  • ベルサール(不動産系貸し会議室・イベントホール)
  • サントリーホール・ヤマハホール(音楽系ホール)
  • 東京流通センター・東京ビッグサイト(展示場) など

<500~1,000人規模>中堅企業の場合

東京ビッグサイト 外観

出典:PIXTA

従業員人数が300名以上で資本金が1億円~10億円未満の企業は、中堅企業と呼ばれています。ある統計を参照すると、中堅企業では平均して毎年50名前後のほどの採用内定を出していることがわかりました。そうして考えると、他の役員や先輩社員などを含めて100名ほど~最高で1,000名以下が収容できる規模の会場を選ぶと良いことがわかります。

中堅クラスの企業が入社式・内定式をするとき、よく選ばれているのはコンファレンスセンターやイベントホール、展示場などです。

例)

  • 東京コンファレンスセンター(品川)
  • 東京駅セントラルカンファレンスセンター(東京駅)
  • 東京ビッグサイト(江東区有明) など

<300人以下>中小企業の場合

貸し会議室

出典:PIXTA

日本国内にある法人の中で最も数が多いのが中小企業です。その中でも従業員数が20名以下の小規模事業者が圧倒的に多く、2016年には全359万社のうち304万社は小規模事業者でした。中小企業では、毎年採用する新入社員の数にばらつきがあります。20名ほど入社する企業もありますし、1~2名の採用を続ける個人事業主もいます。

中小企業の入社式・内定式の会場は収容人数が最も少なく、会場の種類がバラエティに富んでいます。中小企業が入社式・内定式をする場合、一般的には以下の会場で行っています。

例)

  • 自社の会議室(スペースがあれば)
  • ホテル
  • 宴会場
  • 貸し会議室

入社式・内定式にぴったりな会場は?種類別の特徴

国内で入社式・内定式のための会場を探している大部分は中小企業です。そして、その中小企業が最も入社式・内定式で利用する代表的な会場は、ホテル・宴会場・貸し会議室の3つと言えます。順番に、その特徴を比較してみましょう。

ホテル

浦和ワシントンホテル

出典:PIXTA

ホテルは全国各地のさまざまな場所にあり、その種類も豊富です。ビジネスホテル以外で割と規模の大きなホテルでは、宴会場や会議室も併せ持ちます。ホテルの宴会場・会議室は入社式・内定式の会場としてもぴったりです。会場としてのホテルの特徴は以下の通りです。

  • 豪華・高級
  • 接客がよい
  • 食事に当たり外れがない
  • アクセスがよい会場が多い
  • 人数の規模に合わせた部屋を柔軟に選びやすい

まずホテルは設備に高級感があります。そして、駅からアクセスしやすい場所にあるので参加者の負担を軽くできます。ホテルの従業員は接客の研修をしっかりと受けているので、ビジネスとして会場を借りる際もスムーズに対応してくれます。また、入社式・内定式のあとにそのまま懇親会を開く場合、ホテルの食事は見栄えがして豪華なので喜ばれることでしょう。

宴会場

宴会場 和風

出典:PIXTA

宴会場はゲストハウス・教会・結婚式場・ホテル・神社などさまざまな施設に併設されています。宴会場には和風の宴会場と洋風の2種類がありますが、入社式・内定式では新入社員が起立してセレモニーを行いますので、テーブルと椅子が使える洋風の部屋をセレクトしましょう。宴会場はマイクや音響・照明などの設備も充実しているので、入社式・内定式を華やかな雰囲気で演出したい方にオススメです。

入社式・内定式で宴会場を選ぶ際の特徴は以下の通りです。

  • 広くて開放的
  • 日本庭園などで落ち着いた雰囲気の会場も選べる
  • お酒の種類が豊富
  • アクティビティやイベントをする環境が整っている
  • 食べ放題・飲み放題など魅力的なプランがある

貸し議室

貸し会議室

出典:PIXTA

入社式・内定式の会場で最も低コストでシンプルなのが貸し会議室です。貸し会議室にはさまざまなサイズの部屋が揃っているので、自社に合う収容人数の部屋をすぐに見つけられることでしょう。また、ホワイトボードやプロジェクターなどの備品も充実しているため、入社式・内定式のあとに続けて研修やグループディスカッションなどもできる環境です。(一部の備品は追加料金あり)

貸し会議室の予約はネット上で完結できることも多いので、予約に時間をかけたくない担当者には魅力的な選択肢となるでしょう。

入社式・内定式で貸し会議室を選ぶ際の特徴は以下の通りです。

  • 人数の規模に合わせた部屋を柔軟に選びやすい
  • 駅から近くアクセスが良い
  • スクリーンやホワイトボードなど備品が充実している
  • 1時間単位で借りられる
  • シンプルでビジネスを感じさせる会場

【入社式・内定式】これからの時代はサイズだけでなく豪華・高級路線の会場を

エスクリの会場 複数

画像素材:ハンターガイダー

中小企業として入社式・内定式が開催する意味が、最近では変わりつつあるのをご存じですか?いまは若者の離職率が高いこともあり、満足度の高い入社式・内定式は人事ご担当者の方で離職率を下げる重要なポイントとなっています。

入社式・内定式は企業にとっても新しい環境にチャレンジする社員にとっても、スタートダッシュを意味する大切な場。わたしたちエスクリでは、全国に展開するウエディング・パーティー会場が入社式・内定式の会場としてもご利用いただけると自信をもってオススメします。

非日常感&ラグジュアリーな会場で社員に夢を与える

社員 エスクリ 会場

画像素材:ハンターガイダー

エスクリの結婚式・パーティー会場は収容人数が30名~300名までと中小企業にピッタリのサイズ感。結婚式はもちろんのこと、企業のセミナーや展示会、ロケ地撮影と幅広くご利用いただいています。

結婚式場でニューノーマルの社員総会を開こう!事例でポイント解説

せっかく入社式・内定式を開くのであれば、高い天井で優雅な雰囲気の会場はいかがでしょうか?料金も、きっと想像されているよりずっとリーズナブル♪土日は結婚式場として使われていることが多いのですが、法人の結婚式場・平日利用は以下の点でオススメです。

  • ホテル並み、またはホテル以上にラグジュアリーな施設なので参加者がワクワクできる
  • 司会台・スクリーン・マイク・音響・照明・プロジェクターなどの設備が完備
  • 会場が広いので自由度の高いレイアウトが可能
  • 接客スタッフの対応の質がよい
  • 駅から近くアクセスの良い会場が多い

貸切り&柔軟な対応をかなえるコンシェルジェがお手伝い

ホテル コンシェルジェ

出典:PIXTA

エスクリ会場のもう一つの自慢は、会場に隣接する広いラウンジをご利用いただけること。そして、フロアごと貸切できること。入社式・内定式をホテルや宴会場・貸し会議室などで行う場合、フロアまるごとの貸切りはなかなかできません。他の一般客の目を気にせず、企業カラーを出したディスプレイや演出も可能です。

また、エスクリ会場にはイベント予約をする法人様に向けコンシェルジェが常駐しています。やってみたい演出やご不安な点などについて、お気軽にコンシェルジェに無料相談いただけます。

【東京】入社式・内定式に最適!エスクリの会場

東京で入社式内定式をご予定のご担当者様に向け、最適なエスクリ会場をいくつかご紹介します。ぜひ、次の入社式・内定式の会場候補としてご検討ください♪

シャルマンシーナ東京

まずは東京メトロ「表参道駅」A2出口より徒歩2分の「シャルマンシーナ東京」。表参道といえば数々の海外ブランドや表参道ヒルズが立ち並ぶ、高級ファッションエリアです。アパレル系や化粧品会社、出版社など、こだわりを持つ法人の方々にご利用いただいています。

シャルマンシーナTOKYO

画像素材:ハンターガイダー

住所 東京都渋谷区神宮前4-5-6
公式URL パーティハンター|シャルマンシーナ東京
シャルマンシーナTOKYO 会場

画像素材:ハンターガイダー

他にも緑豊かな自然を感じる会場や都会的なモードを感じさせる会場など、個性豊かなお部屋をご用意しております。

アンジェリオン オ プラザ東京

もうひとつのオススメ会場は、東京メトロ「京橋駅」直結の「アンジェリオン オ プラザ東京」です。東京駅からも銀座駅からも近く、入社式・内定式に最適な立地です。収容人数は最大200名と、東京駅周辺の会場としては広めの設計となっています。

アンジェリオン オ プラザ東京 モードパリ(スクール形式)

画像素材:ハンターガイダー

住所 東京都中央区京橋3丁目7−1 相互館110タワー 11F
公式URL パーティーハンター|アンジェリオン オ プラザ東京

この他、東京でラグジュアリーかつ設備が整った入社式・内定式向けの会場は以下のリンクでご覧いただけます。

東京でラグジュアリーかつ設備が整った入社式・内定式向けの会場

【横浜】入社式・内定式に最適!エスクリの会場

横浜は東京の南、神奈川の東に位置している神奈川県の県庁所在地です。東京からも神奈川からもアクセスしやすく交通の便も良いため、横浜で入社式・内定式を行う企業も毎年たくさんあります。

ラグナスイート新横浜

新横浜は新幹線も通る駅なので、駅周辺にはビジネス向けのホテルや展示会場が充実しています。そんな新横浜の駅チカ会場としてオススメなのが「ラグナスイート新横浜」。ラグジュアリーかつアジアンな雰囲気でセレモニーやセミナーが可能です。

ラグナスイート新横浜 バンケットa (1)

画像素材:ハンターガイダー

住所 神奈川県横浜市港区北区新横浜2-6-6
公式URL パーティーハンター|ラグナスイート新横浜

この他、横浜でラグジュアリーかつ設備が整った入社式・内定式向けの会場は以下のリンクでご覧いただけます。

横浜でラグジュアリーかつ設備が整った入社式・内定式向けの会場

まとめ

入社式・内定式はこれから新しく入社する方にとって記念となる大切なセレモニーです。通常、多くの法人は自社で行う以外ではホテル・宴会場・貸し会議室で入社式・内定式を行います。

予約の際は、会場の収容人数とともに食事をつけるのかどうか、スクリーンやプロジェクターなどの設備は借りられるのか、とチェックしておきましょう。エスクリの会場は入社式・内定式にももちろん快適にご利用いただけます。ぜひお問合せをお待ちしております。

宴会・パーティーの幹事様へ

忘年会・同窓会の会場探し

  • そこそこの人数で利用できる会場を探している
  • 密にならないように広めの会場が良い
  • 駅から近い会場が良い
  • 設備が充実していると準備がラクになる

\希望にあった会場を探すなら/

会場を探す