【女性ゲスト】結婚式の二次会から参加する人はどんな格好で行くべき?二次会の服装マナーとは?

【女性ゲスト】結婚式の二次会から参加する人はどんな格好で行くべき?二次会の服装マナーとは?

結婚式の二次会に参加するんだけど、何を着ていくか迷うし、浮いちゃわないか心配。着ていく服の検討はつくけど、コレ!というスタイルがわからない。と結婚式の二次会を目前に悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

特に、結婚式の二次会に初めて参加するという方は、考えすぎて、結局「何を着て行けばいいんだー」と焦ってしまいますよね。

そこで、今回は結婚式の二次会の服装に悩んでいる「アナタ」に向けて、結婚式の二次会の服装とマナーについて紹介します。

1.結婚式の二次会にピッタリの服装は?

結婚式の二次会では、パーティードレスやワンピースを着用されている方が多いです。

  • 服装 → パーティードレスやワンピース(ミモレ丈、ミディ丈)
  • 足元 → ベージュのストッキング
  • 靴 → パンプス(3㎝以上のヒール)
  • 鞄 → パーティー用のクラッチバックやハンドバック
  • アクセサリー → パール系、シルバー系の華奢なデザイン
  • 色 → 全体的に明るめのカラーが好ましい

上記のようなスタイルが一般的ですが、結婚式の二次会の服装にはコレと言った服装規定はありません。(NGラインはありますので、後ほど紹介します)そのため、結婚式の二次会では、挙式披露宴から参加するゲストはパーティードレス、仕事終わりに参加するゲストはスーツということも珍しいことではありません。

最近では、セットアップやオールインワンなどのパンツスタイルも人気がありますが、会場によっては浮いてしまうこともあるので注意してくださいね。

2.結婚式の二次会の服装 決めては「会場」にあり?

結婚式の二次会の服装を選ぶ際に、確認しておくべきポイントは「会場」です。会場の雰囲気は、「フォーマル」と「セミフォーマル」の2つのタイプに分けることが出来ます。フォーマルとセミフォーマルでは、服装を選ぶポイントも少し変わります。

(1)フォーマルな会場ではフォーマルな服装を

フォーマルな会場とは、結婚式場、ホテル、レストランなどが該当します。結婚式場やホテル、レストランなど格式が高く、かしこまった雰囲気の漂う場所には、パーティードレスやフォーマルなワンピースがおすすめです。

(2)セミフォーマルな会場なら少しカジュアルな服装でもOK

セミフォーマルな会場とは、カジュアルレストランやダイニングバーなどが該当します。結婚式の二次会だけでなく、最近では、仲間内でのウエディングパーティーをされる方も増えています。このような会場は、フォーマルな会場と比べると少し、カジュアルでフランクな雰囲気があります。

セミフォーマルな会場での二次会の場合には、セミフォーマルなワンピースや、セットアップ、オールインワンなど、気軽に楽しめるスタイルがおすすめです。

3.結婚式の二次会の服装にはマナーがある?!

会場に合わせた服装選びもマナーの一つですが、結婚式の二次会服装マナーの基本を紹介しましょう。服装以外にも小物、ヘアメイクなども紹介します。

マナー1:服装編

Hunter
服装では、カラーや素材感が重要!何よりも新郎新婦より目立たないこと!

白や黒のみでのコーディネート

結婚式の二次会では、白のワンピースやドレスはご法度!白は主役である新郎新婦のカラーです。白のドレスと言えば、ウエディングドレスをイメージする方が多いはずです。花嫁と被ってしまうようなカラーを選ぶのは絶対にNGです。

白の他に、ベージュなど白に近い色で、光の加減などで白に見えてしまうような服装も選ばないようにしましょう。

また、黒は弔事のイメージから喪服を連想させてしまいます。全身を黒でコーディネートするというのもやめましょう。黒のドレスやワンピースでシックにまとめたい!という場合には、ドレスやワンピースのワンポイントが透け感のある素材や艶のある素材を使っているものを選び、鞄や靴などの小物を黒以外にするなど、喪服っぽさや重さを払拭する演出が大切です。

派手すぎる・露出が多い服装

豪華で華美な服装や、奇抜なデザイン、派手な色や柄の服装は、新郎新婦よりも目立ってしまうのでやめておきましょう。また、肩が大胆に露出している、スカートの丈が短すぎるなど肌の露出が多い服装も、見え方によってはお祝いの席にふさわしくないと感じさせてしまいます。

肩がでているワンピースやドレスを選ぶ場合には、ボレロやストール、ノーカラーのジャケットなどを組み合わせて、露出はなるべく抑えましょう。

殺生を連想させてしまう服装

ファーやレザーは殺生を連想させてしまうために、お祝いの席ではNGと言われています。服はもちろんですが、鞄や靴、小物、アウターを選ぶ際には、柄や素材にも注意しましょう。

流行りやカワイイという理由で選ぶことの無いようにしましょう。主役は新郎新婦です!

カジュアルすぎる服装

hanako
招待状に平服って書いてるからデニムとTシャツで行こう
Hunter
ちょっとまって!平服をはき違えている!!!

結婚式の二次会の招待状には「平服でお越しください」と書かれていることがありますが、「平服=普段着」ではありません。平服とは、略礼装のことを指します。これは、ドレスコードの一種です。

「平服で」という文言がある場合には、「礼服ほどかしこまらなく大丈夫ですよ。でも、その場に見合った服装で来てくださいね」というニュアンスです。Tシャツデニムがドレスコードになっているというパターンでない限り、セミフォーマルな服装を選ぶようにしましょう。カジュアルすぎる服装はNGです。

マナー2:小物編

カジュアルすぎるスニーカーはもちろんですが、ブーツもカジュアルに見えてしまうので避けておきましょう。また、夏場などオープントゥのパンプスも、避けておきたいアイテムです。つま先がオープンになっている靴は清潔感がないように見えてしまう可能性があります。とくに、素足で履くものは避けておきたいところです。

トートバックやリュックはカジュアル感が強く、サイズ感も大きすぎる鞄もやめましょう。荷物が多くなる場合には、大きな鞄はロッカーやクロークに預け、貴重品が入る程度の小さな鞄を準備しておきましょう。

特に、立食形式やゲームなどで席をたつことが多くなる二次会では、置き場所にも困ります。万が一、紛失してしまったということがあれば、せっかくのお祝いの席が台無しに。

サイズ感だけでなく、素材にも注意しましょう。先ほども説明したように、動物の殺生を連想させる素材はNGです。そのほか、綿朝、ビニール素材などカジュアルに見えてしまう素材も避けておきたいところです。サブバックとして紙袋を使う方もいらっしゃいますが、基本的には紙袋もやめておいた方が良いでしょう。

アクセサリー

アクセサリーでは「生花」と「ブラックパール」はNG!です。

生花は、新婦が用いることが多いため、結婚式や結婚式の二次会のゲストは避けておきたいアイテムです。ブラックパールは、全身黒のコーディネートと同様に、お祝いの席では良い印象を与えません。そのため、お祝いの席ではNGです。

ストッキング

ストッキングも「黒」はNG!また、派手な柄や色、網タイツなどもやめておきましょう。最近では、ベージュのストッキングにワンポイントがあしらわれたものなどがありますので、シンプルで上品なアイテムを選びましょう。

マナー3:ヘア・メイク編

ノーセット・ノーメイクは基本的にダメ!

全くセットしていない髪型やノーメイクはマナーとして避けておきたいところです。また、ロングヘアの女性のダウンスタイルもマナーとしてはNGです。

ミディアムヘアやロングヘアの方は、アップスタイルで首元を見せるようにしましょう。メイクは、服装にあわせ、華美になりすぎないように、清潔感のあるヘアスタイル・メイクを心がけましょう。

マナー4:その他

香水は、香りに注意!

結婚式の二次会では食事も兼ねていることが一般的です。匂いの強い香水は控えましょう。

まとめ

二次会に参加する女性ゲストは、パーティードレスやワンピースなどの服装が一般的です。服装に悩んだ時は、パーティードレスやワンピースを選べば浮くことはないでしょう。周りと差をつけたコーディネートがしたい!という場合には、小物に凝ってみるという方法がおススメです。

とは言え、結婚式の二次会の主役は新郎新婦です。服装のマナーを理解し、新郎新婦を心から祝福しましょう。

30名以上の会場探しならお任せください!

ハンターガイダーを運営するエスクリでは、年間約8,000組の結婚式を手掛けております。
結婚式場として利用している会場の空き時間の有効活用を目的として
企業のパーティ、イベント、撮影、交流会などでご利用頂いております。
30名以上の会場探しでお困りの方はぜひ一度ご連絡ください。

素敵な会場をご案内させて頂きます。

会場探しを電話で相談する
会場探しをメールで相談する