謝恩会はどんな服装で行くべき?30代編

30代はファッションが迷子になりやすい年代。

若い時の服が似合わない! かといって地味な服も嫌! など服装選びで悩む方が増えやすいのです。

そこで今回は、30代の方が謝恩会に来ていくべき服装を男女別に解説していきます。

謝恩会の服装選び4つのポイント 30代女性編

まず、30代女性が押さえるべき4つのポイントはこちらです。

ポイント1 色の数をおさえて上品にまとめる

ポイント2 ひざ丈やミモレ丈のスカートで大人っぽく

ポイント3 セットアップで統一感&きちんと感を演出

ポイント4 子どもとリンクコーデもアリ!

ポイント1 色をおさえて上品にまとめる

30代というのは20代の若さと40代の落ち着きの狭間で、ファッションにおいても今までの服は似合わないけど落ち着きを目指すと地味になりがち、というジレンマを抱えやすい年代です。

若さで押し切れた20代とは違い、色味の違うものを複数組み合わせても散らかってしまってまとまりがないアンバランスなファッションに見えてしまいます。

30代のファッションでは色の数を抑えるのがポイント。

多くても3色までに抑えておくと上品にまとまります。

ワンピースとジャケット姿の女性

写真ではシンプルな色合いのワンピースとジャケットで清楚な落ち着きを出しつつ、ワンポイントの小物として花のコサージュをつけています。

トレンドのノーカラーデザインなので首元もすっきりして清潔感のあるコーディネートです。

アクセサリーは大きめのものをチョイスすることで、全体としてはベーシックながら印象も弱くありません。

ポイント2 ひざ丈やミモレ丈のスカートで大人っぽく

ひざ丈はひざの高さ、ミモレ丈はふくらはぎの真ん中くらいの高さに裾が来るスカートのことです。

どちらも高めの位置に裾が来るため抜け感を出しながらもすっきりと見せてくれます。

ミモレ丈は少し裾が中途半端でバランスが悪くなってしまうので難しい、と敬遠する方も少なくありませんが、ちょっとしたコツで簡単に着こなせるんです。

ミモレ丈はトップをインして上半身をコンパクトに見せたり、すこしタイトに縦長のコーディネートを意識するとすっきりとバランスよく見せることができます。

ボウタイブラウスにチェックスカートの女性

写真ではトップをボウタイブラウスで明るく見せつつ、スカートを茶系統でまとめて安定感を増しています。

全体的にシルエットが縦長でミモレ丈でありながらすっきりとした印象を受けるコーディネートです。

少し色味の違うバッグもワンポイントのアクセントに。

統一感がありながら遊び心もばっちりです。

ポイント3 セットアップで統一感&きちんと感を演出

ジャケットとパンツの色や素材を合わせる「セットアップ」も統一感やきちんと感を演出する手段として非常に有効です。

まとまりが非常によくなるのでアクセサリーやバッグといった小物でのワンポイントも映えやすく、遊び心を入れやすいのも大きなポイント。

写真はスタンダードに黒いジャケットとパンツを合わせつつ、ノーカラーの白いシャツで清潔感を出しながら全体をすっきりと見せています。

バッグはアクセントをつけるため明るい茶色をチョイスすると、落ち着いたイメージだけではなくインパクトもあるファッションになります。

ポイント4 子どもとリンクコーデもアリ!

子供と一緒に謝恩会に出るならリンクコーデもアリ!

お揃いの衣装というのは連帯感がありますし、記念撮影でも映えるので思い出になる謝恩会にはおすすめです。

デザインが全く同じ、というに抵抗がある場合や男の子のお子さんには「色リンク」をどうぞ。

色自体も全く同じ必要はなく、同系統の色で子供は淡い色、母親は落ち着いた雰囲気の濃いめの色、といった感じで色を合わせればそれだけでもリンク感が出ます。

男の子には母親の服と同じ色の小物を持たせるだけでも色リンクになるのでおすすめです。

謝恩会の服装選びのポイント 30代男性編

男性の服装選びの時に気を付けるべき4つのポイントはこちらになります。

ポイント1 年齢に合わせた格のあるスーツを選ぶ

ポイント2 明るい色を選んでデキる男感を出す

ポイント3 ジャケットのサイズでスタイリッシュに

ポイント4 ロングホーズソックスで隙を見せない

ポイント1 年齢に合わせた格のあるスーツを選ぶ

スーツには単純な年齢だけでない、格の違いがあります。

簡単に言ってしまうと値段の違いになるのですが、スーツの場合はこの値段によって生地の質と仕立てに明確な差が出てくるのです。

フォーマルな場に薄いポリエステルの生地や大量生産のミシン縫製のスーツを着ていくと、ぱっと見ではわかりにくい違いでも、他の参加者と並んだ時に明確な差が見えてしまいます。

30代ならフォーマル用に上下合わせて3万~5万円程度、もし奮発できるなら5万~7万円程度のスーツを揃えると格と風格のあるスーツを着ることができます。

スーツ姿の男性

お金の話になってしまいましたが、背伸びをして高いものを買えばいいというわけではありません。

自分に合ったスーツを着ることが大事です。

ポイント2 明るい色を選んでデキる男感を出す

スーツ、というとつい無難に黒や紺を選んでしまう方も多いですよね。

しかし、30代ならあえて明るい色を選ぶのがポイント。

極端な例でいうと、ドラマや映画の中でも白スーツは限られたエリートしか着ていないイメージがありますよね。

そこまででなくともグレーやネイビーなど、黒を避けて少し明るい色のスーツを着ているとデキる男感が増すんです。

少し冒険してみるならブラウンやベージュといったアースカラーで、落ち着いた印象を与えつつおしゃれに魅せるのもおすすめですよ。

グレースーツの男性

写真ではグレーに縦のストライプというシンプルかつ王道なスタイルです。

さわやかで仕事がデキそうなイメージを受けます。

ポイント3 ジャケットのサイズでスタイリッシュに

ジャケットのサイズは自分に合わせておくことでスタイリッシュに魅せることができます。

ポイントは袖丈、肩山、着丈の3つです。

まず、袖丈は手を伸ばした際にシャツが1cmほど覗く長さがベスト。ちらっと覗く白がカッコよく見えます。

肩山は自分の肩とサイズが合っていないと、二の腕のあたりから肩にかけて膨らんで見えてしまったり、逆に肩幅が狭くなで肩に見えてしまったりとシルエットが崩れてしまいます。

デキる男は後姿もカッコいいもの。着丈はジャケットの裾でお尻がきれいに隠れるぎりぎりの長さで調整しましょう。

この着丈で調整すると足長効果が狙え、スマートな後姿になります。

スーツを着た男性の後ろ姿

肩がピシッと張っているとシルエットがカッコよくなります。

着丈にも気を配っている後姿はデキる男感を醸し出しますね。

ポイント4 ロングホーズソックスで隙を見せない

ロングホーズソックスとは、長さが膝下まである靴下のことで、女性が履くハイソックスと呼ばれているものと同じ長さになります。

スーツは体に合っている分足を曲げたときに裾が上がりやすく、特に足を組んでしまうと従来の靴下では素肌とすね毛が見えてしまいます。

これはカッコ悪いので、足を組んでも素肌が見えないロングホーズソックスで隙をなくすのがデキる男のたしなみです。

まとめ

30代の女性は大人の落ち着きを出しながらも、ワンポイントで遊び心のあるファッションを目指していくといいでしょう。

特に謝恩会では年代や立場が同じ人が集まるため、似たようなファッションになってしまうことも多くなってしまいます。小物のワンポイントや子どもとのリンクコーデといった遊び心を忘れないようにすることがファッションのポイントです。

30代男性の場合は、今まで来てきたスーツスタイルをもう一段階上へ突き詰めていくことが重要になってきます。

スーツ自体の質だけでなく、自分の体に合わせたスーツを選ぶことで服と身体が一体になったカッコよさを魅せていくといいでしょう。

30名以上の会場探しならお任せください!

ハンターガイダーを運営するエスクリでは、年間約8,000組の結婚式を手掛けております。
結婚式場として利用している会場の空き時間の有効活用を目的として
企業のパーティ、イベント、撮影、交流会などでご利用頂いております。
30名以上の会場探しでお困りの方はぜひ一度ご連絡ください。

素敵な会場をご案内させて頂きます。

会場探しを電話で相談する
会場探しをメールで相談する