【社内宛】懇親会の案内メールの書き方と文例

さまざまなものがデジタルになる中、それでも、ビジネスの基盤になるのは人とのつながり。職場のコミュニケーションの促進に懇親会は欠かせません。

社内向けの懇親会で幹事を任されたら、多くのケースで、懇親会の案内メールを社内宛に出すことになるでしょう。

この記事では、社内宛の懇親会案内メールの書き方と、メール文例についてご紹介します。

社内宛の懇親会の案内メールの書き方

近年、メールに限らず、デジタルなコミュニケーションツールの種類が増えています。メール以外に、グループチャットや掲示板、企業内SNSのようなコミュニケーションツールを併用する企業も増えています。そのため、複数のツールを採用している企業では、業務に直接関係する報告・連絡・相談以外のメールの利用は推奨されないケースが出てきています。

社内向けに懇親会の案内をする場合、メールという手段にこだわるのではなく、推奨されるコミュニケーションツールに従いましょう。

社内向けの懇親会は、社員同士のコミュニケーション強化のために開かれる半強制イベントではありますが、多くのケースでは業務ではないため、です。

なお、ツールが変わっても、懇親会の案内をすることと、案内すべき内容にそれほど大きな違いはありませんので、この記事では案内メールとして説明していきます。

懇親会の案内メールの書き方には、3つのポイントがあります。

  1. 案内メールを出すタイミング
  2. 案内メールの送り先
  3. 案内メールの件名と本文

案内メールを出すタイミング

懇親会の案内メールをいつ出すか、タイミングを見極めるのは大切です。

通常は開催日の1ヵ月前、遅くなっても開催日の2週間前には案内しておく必要があります。

仕事やプライベートとの調整がつきやすいように配慮する必要があるので、もっと余裕を持たせるべきケースも出てくるでしょう。

例えば、懇親会の種類が新年会であれば、1月下旬頃に開催すると仮定して、参加人数の確認や会場の手配もあり、年末年始の長い休暇を挟むので、12月中頃には案内メールを出さなければいけません。

案内メールの返信によって参加者の出欠確認をするので、参加人数の確定にどれくらいかかるかを見積もって、早め早めの案内がスマートです。

一般的には、案内メールを送信した日から1週間後を出欠連絡の締め切り日に設定し、出欠連絡がない者には個別に確認、実質案内メールを送信してから10日ほどで参加人数が確定すると見込んでおけばよいでしょう。

案内メールの送り先

かつて上司・主賓・一般社員に対して、別々に案内メールを送るように推奨されたこともありましたが、社内宛に案内メールを一本にまとめて送る方がスマートです。

どうしても失礼でないように配慮した案内メールにしたいなら、一般社員と一色たんにならないよう、本文中の宛名で上司や主賓の名前を挙げれば問題ないでしょう。

また、案内メールを送る上で注意したいのは、うかつに全員に「To」で送らないことです。

一般的に、懇親会には、上司や主賓のような「必須参加者」がいるのが通例です。その必須参加者たちに会場の場所や費用感を説明し、都合のよい日程のお伺いを立て、懇親会の詳細が決まります。

つまり、必須参加者には案内メールを送る前に参加の打診をしているため、再度、出欠連絡のアクションをしてもらう必要はありません。必須参加者は、宛先を「To」ではなく「Cc」にして、案内メールを送りましょう。

宛先を「Cc」に入れることで「連絡は不要でも、懇親会の詳細は知っておいてね」という必須参加者への連絡になり、一般社員からは「Cc」に含まれる方が必須参加者だと伝わります。

とはいえ、ただし、地域や世代、社風などによっては、メールを含むコミュニケーションツールの使い方のマナーは変わるため、最終的には慣例に従いましょう。

案内メールの件名と本文

件名は、一目見ただけで用件を理解できるようにするのがビジネスマナーです。

懇親会の案内メールの件名は、次のような書き方がよいでしょう。

【出欠〆日時】出欠連絡のお願い【懇親会のご案内】

具体例 … 【〆4/10】出欠連絡のお願い【□□部新人歓迎会のご案内】

件名は「懇親会のご案内」から始めたくなるところですが、社内の場合、効率を優先しましょう。「出欠連絡のお願い」と、出欠連絡の〆切日を強調した方が、後作業がスムーズに運びます。

件名はメーラーによっては、メール一覧で全文表示されないこともあるため、読んだ上で出欠連絡のアクションを求めていること、出欠連絡の〆切があることを示す情報や、懇親会の案内であることなど、重要な情報ほど前に、画面の左側に来るように配置します。懇親会の名称が決まっていれば、具体的な名称を入れ込みます。

案内メールの本文は、次の要素を盛り込みましょう。

  • 会の目的
  • 日時
  • 場所(地図や店のURL、連絡先)
  • 会費(費用と徴収方法:当日徴収or事前徴収)
  • 主催者・幹事(当日の緊急連絡先の電話番号)
  • 出欠連絡の方法

出欠連絡の方法について、補足説明をしましょう。

メールで出欠連絡をお願いする場合、メールとは別に、出欠確認用のツールを使うのが一般的です。理由は、返信で出欠情報を管理すると大変だから、です。

出欠確認に使えるコミュニケーションツールがある企業は、その機能を使います。

特にないケースでは、社員がアクセスできる場所にMicrosoft ExcelやGoogleスプレッドシートなどで、メンバー名を羅列した出欠確認表の共有ファイルを作り、出席か欠席かを書き込ませるのが一般的です。

ウェブサイトのアクセス規制のない企業なら、インターネット上の無料の出欠確認ツールを活用するのもいいでしょう。

どうしても、メールの返信だけで出欠確認をしなければいけないケースでは、幹事だけに「To」で連絡してもらうよう、促すとよいでしょう。

社内宛の懇親会の案内メールの文例

できるだけ伝えたいことを強調し、簡潔にまとめましょう。

名乗りも必要ありません。「お忙しいかと存じますが」とか「お手数ですが」とかいうビジネス上の枕言葉も不要です。

重要な情報ほど前に、上に来るよう、読み手に負担にならない効率的な文面が、社内の案内メールとしてふさわしいでしょう。

メールの冒頭に時事や季節について軽く触れたり、メールの最後に幹事からの一言メッセージを添えたりすると、印象が柔らかくなるので、おすすめです。

繰り返しになりますが、地域や世代、社風などによっては、考え方も最適解も異なりますので、慣例に従い、案内メールを送りましょう。

件名:【〆4/XX】出欠連絡のお願い【令和X年度□□部新人歓迎会のご案内】

本文:

□□部のみなさま

Cc: A部長 B課長 C課長

新人D、新人E、新人F

桜の咲く、穏やかな季節となりました。

令和X年度□□部新年歓迎会を開催いたします。

ぜひ、ご参加ください。

日時:○月○日(曜日)○○時~○○時

会場:[飲食店名](地図のURL、電話番号)

会費:○○円(*当日の○時頃、事務所で事前に徴収します)

幹事:[幹事の氏名](000-0000-0000)

出欠の連絡につきましては【4月XX日まで】に、次の出欠表にご記入ください。

[出欠表ファイルパス・アクセス先]

何かありましたら、幹事(幹事のメールアドレス、電話番号)までご連絡ください。

人気のお酒○○が飲み放題に入っています。

ビンゴ大会で豪華景品○○も当たりますので、奮ってご参加ください!

よろしくお願いいたします。

まとめ

懇親会の案内メールを出すのであれば、いつ送るべきか、必須参加者が誰かをまず確認する必要があります。

案内メールの書き方・送り方については、地域や社風、置かれた状況によっても最適解は変わりますが、できるだけ簡潔に、要点が伝わるようにすべきという点は共通です。

懇親会の案内メールをそつなく出して、社内のコミュニケーションを促しましょう!

なお、社内ではなく、社外の方に懇親会の案内をするときのマナーや書き方について知りたい方は、次をご覧ください。

懇親会の案内状を出すときのマナーとは?案内状の書き方について解説

ウィズコロナ NEW PARTY STYLE

安心安全!コロナ対策万全な会場をお探しなら
パーティハンターにお任せください!

ハンターガイダーを運営するエスクリでは、
年間8,000組の結婚式を手掛けております。
結婚式場として利用している会場の空き時間の有効活用を目的として
企業のパーティ、イベント、撮影、交流会などでご利用頂いております。
ワンランク上のパーティ、イベント会場をお探しの方は
是非一度、ご連絡ください。素敵な会場をご案内させていただきます。

電話で相談
mメールで相談