二次会のプチギフト事情!相場は?何を用意したらいい?

二次会のプチギフト事情!相場は?何を用意したらいい?

結婚式や披露宴のお見送りのときなどに、新郎新婦からプチギフトを受け取ったことのある方も多いのではないでしょうか。

いざ自分が渡す立場になると、何を用意したらいいのか悩みますよね。

「そもそも披露宴でプチギフトを渡す予定でも、二次会用に用意すべきなの?」といった疑問もあるかと思います。

そこで今回は、二次会のプチギフトは用意したほうがいいのか、用意する場合には予算はどのくらいがいいのか、ご紹介します。

二次会にプチギフトは用意すべき?

披露宴や二次会で新郎新婦からゲストに手渡しで贈るプチギフト。

披露宴後のお見送りのときに、プチギフトを渡すのが定番の演出になっていますよね。

しかし、必ずプチギフトを用意しなければいけないわけではありません。

プチギフトを用意するケースと用意しないケースは、どのような場合なのでしょうか?

プチギフトを用意しないケース

二次会ではゲームやビンゴなどで景品を用意しているケースが多いため、参加賞を含めて全員が何かしらの景品を受け取れるようにして、プチギフトは用意しないという新郎新婦もいるようです。

「プチギフトを用意していないとお見送りのときに寂しいのでは?」と感じる方は、メッセージカードに感謝の気持ちを一言添えてゲストに渡すのもいいでしょう。手間はかかりますが、渡す相手に合わせた心のこもったメッセージにすることで、もらった側にも喜んでもらえるはずです。

プチギフトを用意するケース

一般的にプチギフトを渡す新郎新婦のほうが多いようです。

二次会は披露宴とは違って引き出物がないので、代わりにプチギフトを渡すことで感謝の気持ちを伝えることができます。

また、披露宴や二次会ではゲストひとりひとりと落ち着いて話す機会がなかなかないため、プチギフトを渡す時間を作ることで直接ゲストに感謝の気持ちを伝えられます。

二次会のプチギフトの相場は200円~500円

プチギフトは安すぎず高すぎない価格のものを選ぶといいでしょう。200円~500円程度のプチギフトを用意する新郎新婦が多いようです。

披露宴でもプチギフトを渡している場合には、二次会まで参加してくれたゲストへの感謝の気持ちや二次会のみ参加するゲストへの配慮の気持ちから、披露宴のときよりも少し高めのプチギフトを用意する傾向があります。

キレイにラッピングされているプチギフトを購入すればそのままゲストに渡すことができますが、小分けにしたものを自分でラッピングしたいという方は、ラッピング代も含めて予算内におさまるように検討しましょう。

おすすめのプチギフト15選

では、実際どのようなものをプチギフトとして選んだらいいのでしょうか?

大切なのは気持ちですので何を選んでも間違いではありませんが、ゲストみんなに喜んでもらえるものを贈りたいですよね。

  • 老若男女喜んでもらえるか
  • 持ち帰るのに邪魔にならないか
  • おしゃれなパッケージか

ということをふまえて選ぶのがポイントです。

具体的にどのようなプチギフトがあるのか見ていきましょう。

食品
  • クッキー
  • チョコレート
  • キャンディ
  • バームクーヘン
  • おまんじゅう
  • コーヒーや紅茶のパック
  • 醤油や塩などの調味料
  • お米
  • お茶漬け
  • ミニドリンク
日用品
  • ミニタオル
  • バスソルトや入浴剤
  • キャンドル
  • ティースプーンなどのカラトリー
  • メモ用紙などの文房具

クッキーやチョコレートなどのお菓子はプチギフトの定番ですね。その場ですぐ食べることもできますし、持ち帰るにしても荷物にならないのでおすすめです。

新郎新婦の地元の名産や思い出の品があるのであれば、そういった品を用意することでゲストの印象にも残っていいですね。

自分たちで作った手作りのお菓子をプチギフトとして渡したいという方もいらっしゃるかもしれません。衛生面から手作りの食べ物は持ち込み不可の会場もありますので、必ず事前に確認しておくようにしましょう。

参加するゲストが少人数の二次会であれば、刺繍でゲストのイニシャルを入れたミニタオルなどもおすすめです。

【プチギフト専門のネットショップ一覧】

1か月前までには用意しておきましょう

ゲストの喜ぶ顔を思い浮かべながらプチギフトを選ぶのはとても楽しいですよね。

百貨店やギフトショップなど実際に店舗に足を運んで選ぶのもいいですが、最近はプチギフト専門のネットショップなども増えていますので、利用してみるのもいいでしょう。

店舗で購入する場合でもネットで購入する場合でも、余裕をもって二次会の1か月前までには準備しておくことをおすすめします。

特に食品の場合には、事前に賞味期限の確認や届いたときに割れているものがないかなど不良品の確認も忘れずにしておきましょう。

まとめ

二次会のプチギフトは必ず用意しなければならないものではありませんが、ゲストと直接話す機会を作るために用意する方が多いようです。

500円程度でお菓子や日用品など、誰がもらっても嬉しいものを選びましょう。

プチギフト以外にも新郎新婦は結婚式の準備に忙しいので、余裕をもって1か月前までには用意しておくと慌てずにすみます。

ウィズコロナ NEW PARTY STYLE

安心安全!コロナ対策万全な会場をお探しなら
パーティハンターにお任せください!

ハンターガイダーを運営するエスクリでは、
年間8,000組の結婚式を手掛けております。
結婚式場として利用している会場の空き時間の有効活用を目的として
企業のパーティ、イベント、撮影、交流会などでご利用頂いております。
ワンランク上のパーティ、イベント会場をお探しの方は
是非一度、ご連絡ください。素敵な会場をご案内させていただきます。

電話で相談
mメールで相談